1. HOME
  2. News
  3. 最大の食品見本市”シアルパリ2022″は 欧州進出の足がかり
News
aerial view photography of city

最大の食品見本市”シアルパリ2022″は 欧州進出の足がかり

News, 食品

SIAL Innovation 2020, food trends and innovation

シアル・パリ(SIAL PARIs)2022

会期:2022年10月15日 ~ 2022年10月19日

会場Paris Nord Villepinte

出展対象品目
飲料、青果、冷凍食品、家禽/食肉加工食品、オーガニック食品、製パン&製菓、保存食品、魚介類、総菜&調理済食品、乾物&加工食品、健康食品&サプリ、精肉、グルメ食品、乳製品、ナショナルパビリオン、フランスの地方特産品、原料&添加物、食品加工機械、ワイン&スピリッツ

開催頻度:2年に1回

過去の実績:2018年実績
来場者数 : 310000人
出展社数 : 7200社 (うち海外から:6264 社)
過去の実績は同時開催/併催展を含む場合もあります。

公式ウェブサイト:こちらの見本市・展示会のさらに詳しい情報は、主催者の公式ウェブサイト

 でご確認いただくことができます。

食品業界の欧州市場の足がかりに

EUの人口は4億9,300万人で、欧州連合(EU)の面積は米国の半分以下ですが、人口は1.5
倍を上回ります。
実際、EUの人口は中国、インドに続いて世界第3位となっています。

フランスで行われるこのような見本市の過去の実績からもわかるように、わずか5日間の開催期間中に
31万人の来場者もあり、海外からの出展社数は6000社を超えています。

フランスからEU全体に広がっていくようなイメージです。

今からちょうど1年後、来年の出展に向けて計画を立てられてはいかがでしょうか?

欧州進出の方法

1:海外へ向けたECサイトや自社サイトまたは現地Amazonや楽天などの出店

2:上記のような大きな国際規模の見本市や展示会に出展

3:食品関係であれば現地での試飲や試食のキャンペーン
 陶器などの製品雑貨も直接見ていただけるキャンペーンのプロモート

4:現地営業マンの採用、駐在所設立など

大手の企業様は既に進出されていますが、これから進出を計画または始められている事業者の具体的な計画やご予算によりそれぞれ方法が考えられます。

実際に、Shopifyでオンラインショップのサイトを立ち上げられた事業者様も多くいらっしゃいます。
すぐに売上げに繋がるかというと中々上手くいかないという声も多く聞いています。

いずれにせよ、いかに自分たちのことを知ってもらえるか?商品のことをわかってもらえるか?がポイントです。

そのためには、現地の情報や協力が必要になります。

弊社ではフランス在住の日本人スタッフと常にミーティングを重ね、フランスの人脈を使った方法などお客様のご予算やご要望に合わせて対応させていただいています。
お気軽にお問い合わせください。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Newsletter

* indicates required
2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930